Kanade

改札の前 つなぐ手と手

いつものざわめき 新しい風

明るく見送るはずだったのに

うまく笑えずに君を見ていた



君が大人になってくその季節が

悲しい歌で溢れないように

最後に何か君に伝えたくて

「さよなら」に代わる言葉を 僕は探してた



君の手を引くその役目が

僕の使命だなんて そう思ってた

だけど今わかったんだ 僕らならもう

重ねた日々が ほら 導いてくれる



君が大人になってくその時間が

降り積もる間に僕も変わってく

たとえばそこにこんな歌があれば

ふたりはいつもどんな時も つながっていける



突然ふいに鳴り響くベルの音

焦る僕 解ける手  離れてく君

夢中で呼び止めて 抱きしめたんだ

君がどこに行ったって 僕の声で守るよ



君が僕の前に現れた日から

何もかもが違くみえたんだ

朝も光も涙も歌う声も

君が輝きをくれたんだ

抑えきれない思いをこの声に乗せて

遠く君の街へ届けよう

たとえばそれがこんな歌だったら

僕らは何処にいたとしてもつながっていける

Оцените статью
Kanade
Floor It