Doll’s House

Moon Light照らす
部屋の中でいつも
真夜中0時待ちきれず 静かな時に
目覚し時計は歩きはじめて
まわりの奴を
起こしまわって 今日もParty
僕は寝たふり そっと見ている

ほこりだらけ ボロボロの
Bear Dollは
忘れ去られて腹が立ち
箱から飛び出す
いつも砂嵐の顔のまま
眠られてしまう
電源消せと怒鳴りそうになる
TVマンの気持ちは
どこまで続くのこんな事が
愛想をつかしそうに
なる事わかってよ
そう何もかもにHeartあること
わからず乱暴に使われて
全てのものが感じる事出来るから
いつでもやさしくしてほしいだけさ

寝静まってる頃を狙い 今日も
いたずら好きが騒ぎ 耳を澄まして
聴いてると それはいつも僕の事
話題そればかり
もううんざりだと話し合ってる
それで朝まで盛り上がり
どこまで続くの こんな事が
嫌われてた事さえ
知らずに過ごしてた
そう何もかもにHeartあること
わからず気安く物捨てて
全てのものが感じる事出来るから
いつからか まわりに嫌われて
見つめられていた この部屋の中で
いつも冷たく口を閉ざしていた

Rate article
Doll’s House
With Plenty of Money and You